美華インターナショナルバレエ
検索

脚を外に開くこと【バレエコラム13】

脚を外に開くとは、脚の付け根から足の爪先までを体の外側に開くことのできる能力です。
脚を外に開くことで体を支えている足元の面積が広がり、動きの幅が広がります。
これがバレエのテクニック向上につながります。

脚が外に開くための動きには、

1、関節を取り巻く筋肉と靭帯を使って開く(能動的に開く)
2、ストレッチなどで外から力を加えて開かせる(受動的に開く)

があります。

脚を外に開く力を養うのは絶え間ない訓練が必要です。
ストレッチなどの訓練と脚の力と、靭帯の弾力性をつける訓練を行います。
この訓練で筋肉と靭帯を徐々に鍛え、受け身でしか開かなかった部分を能動的に開けるようにします。

脚を外に開く上で重要な脚の軸については、レッスンの中でお教えします。

1つの間違いが色々な間違いを引き起こします。
間違いを直さずに続けていると、膝の障害を引き起こすだけでなく、テクニックにも影響を与えます。

最初からすぐに1番ポジションに立たせてはいけないこと【バレエコラム14】

いきなり第1ポジションに立たせると、足先を開くことだけに気を取られて、付け根から開くことがおろそかになりがちです。脚を外に開いた状態とは、必ず脚の付け…

バレエの最も基本となる動きとは?【バレエコラム12】

バレエの動きの中には厳格に定められた規則があります。その規則に基づいた動きが、筋肉や骨格などの発達に影響を及ぼし、自然と調和のとれた美しい身体を作って…

バレエを始める大人の方へ【バレエコラム11】

バレエを大人になってから始める場合、子どもと比べて筋肉や骨が硬く、弾力性や柔軟性にも限界があります。しかし、正しい知識を身につけて、意識して筋肉を使う…

続けることがバレエ上達への一番の近道です。【バレエコラム10】

バレエもはじめのうちはなかなか成果が見えず、上達ラインは長い間平行線をたどるものです。しかし、続けていくことで少しずつ成果が出てきます。成果が見えない…

アンディオールの脚の置き方は?【バレエコラム9】

アンディオールはバレエする上で1番重要な動きです。脚の付け根からつま先までを体の外側に向けて開くことのできる能力です。生まれつき外に開きやすい関節であ…