美華インターナショナルバレエ
検索

アンディオールの脚の置き方は?【バレエコラム9】

アンディオールはバレエする上で1番重要な動きです。

脚の付け根からつま先までを体の外側に向けて開くことのできる能力です。
生まれつき外に開きやすい関節である場合と、地味なレッスンを続けて出来るようになる場合があります。脚を外に開くことで、体を支えている足元の面積が広がり、動きの幅が広がります。

まず、足の裏は、かかとの中心、小指、親指の3点を感じながらぴったりと床につけ、土踏まずが前に落ちないようにくるぶしを上に引き上げます。
上に引き上げた状態を保ったまま、脚の内側の筋肉全体を前に回すようにして、付け根と膝を外に開きます。
筋肉が充分に使われていない場合、お尻の下の筋肉は柔らかいままです。

間違い
①脚の付け根が内側にいってしまっている。
②ふくらはぎが前に回して使われていない。
③土踏まずが落ちてしまっている。
④両腰と両肩がまっすぐになっていない。

外に開く能力を養っていくことは、クラシックバレエを踊る上で大変重要な意義をもっているのです。

アンディオール(En dehors)

フランス語でenは場所を表し、dehorsは「外側」で、En dehorsは「外側に」という意味です。英語でoutsideです。…

体のすべての関節を最大限に引き伸ばすことが必要【バレエコラム15】

クラシックバレエでは、体のすべての関節を最大限に引き伸ばすことが必要です。脚は限りなく遠くに引っ張るような気持ちで伸ばします。自分で伸びた状態を感じな…

最初からすぐに1番ポジションに立たせてはいけないこと【バレエコラム14】

いきなり第1ポジションに立たせると、足先を開くことだけに気を取られて、付け根から開くことがおろそかになりがちです。脚を外に開いた状態とは、必ず脚の付け…

脚を外に開くこと【バレエコラム13】

脚を外に開くとは、脚の付け根から足の爪先までを体の外側に開くことのできる能力です。脚を外に開くことで体を支えている足元の面積が広がり、動きの幅が広がり…

バレエの最も基本となる動きとは?【バレエコラム12】

バレエの動きの中には厳格に定められた規則があります。その規則に基づいた動きが、筋肉や骨格などの発達に影響を及ぼし、自然と調和のとれた美しい身体を作って…

バレエを始める大人の方へ【バレエコラム11】

バレエを大人になってから始める場合、子どもと比べて筋肉や骨が硬く、弾力性や柔軟性にも限界があります。しかし、正しい知識を身につけて、意識して筋肉を使う…