美華インターナショナルバレエ
検索

アンディオールの脚の置き方は?【バレエコラム9】

アンディオールはバレエする上で1番重要な動きです。

脚の付け根からつま先までを体の外側に向けて開くことのできる能力です。
生まれつき外に開きやすい関節である場合と、地味なレッスンを続けて出来るようになる場合があります。脚を外に開くことで、体を支えている足元の面積が広がり、動きの幅が広がります。

まず、足の裏は、かかとの中心、小指、親指の3点を感じながらぴったりと床につけ、土踏まずが前に落ちないようにくるぶしを上に引き上げます。
上に引き上げた状態を保ったまま、脚の内側の筋肉全体を前に回すようにして、付け根と膝を外に開きます。
筋肉が充分に使われていない場合、お尻の下の筋肉は柔らかいままです。

間違い
①脚の付け根が内側にいってしまっている。
②ふくらはぎが前に回して使われていない。
③土踏まずが落ちてしまっている。
④両腰と両肩がまっすぐになっていない。

外に開く能力を養っていくことは、クラシックバレエを踊る上で大変重要な意義をもっているのです。

アンディオール(En dehors)

フランス語でenは場所を表し、dehorsは「外側」で、En dehorsは「外側に」という意味です。英語でoutsideです。…

上半身を伸ばす方法【バレエコラム19】

上半身全体も伸ばすことが重要です。上体を引き上げ、腰椎に重心をかけないようにします。背中はウエストの部分をコルセットで締め、そこから体が2つに離れてい…

脚を伸ばすということは筋肉を緊張させて固めることではありません【バレエコラム18】

脚を伸ばそうとして腿の上の筋肉を固くして使いがちですが、この状態では爪先の伸びを感じなくなってしまいます。脚を外に開いた状態のまま、できる限り遠くに引…

爪先の指の関節を鍛える方法【バレエコラム17】

爪先の指の関節を鍛えるには、指に力を入れて丸めるのではなく、伸ばして使うようにします。…

子どもの脚の力をつけるには【バレエコラム16】

子どもの場合、脚を伸ばすことができてもその状態を長く保っていることができません。引っ張っている力が弱まって、すぐに力の入っていない脚になってしまいます…

体のすべての関節を最大限に引き伸ばすことが必要【バレエコラム15】

クラシックバレエでは、体のすべての関節を最大限に引き伸ばすことが必要です。脚は限りなく遠くに引っ張るような気持ちで伸ばします。自分で伸びた状態を感じな…