美華インターナショナルバレエ
検索

アンディオールの脚の置き方は?【バレエコラム9】

アンディオールはバレエする上で1番重要な動きです。

脚の付け根からつま先までを体の外側に向けて開くことのできる能力です。
生まれつき外に開きやすい関節である場合と、地味なレッスンを続けて出来るようになる場合があります。脚を外に開くことで、体を支えている足元の面積が広がり、動きの幅が広がります。

まず、足の裏は、かかとの中心、小指、親指の3点を感じながらぴったりと床につけ、土踏まずが前に落ちないようにくるぶしを上に引き上げます。
上に引き上げた状態を保ったまま、脚の内側の筋肉全体を前に回すようにして、付け根と膝を外に開きます。
筋肉が充分に使われていない場合、お尻の下の筋肉は柔らかいままです。

間違い
①脚の付け根が内側にいってしまっている。
②ふくらはぎが前に回して使われていない。
③土踏まずが落ちてしまっている。
④両腰と両肩がまっすぐになっていない。

外に開く能力を養っていくことは、クラシックバレエを踊る上で大変重要な意義をもっているのです。

アンディオール(En dehors)

フランス語でenは場所を表し、dehorsは「外側」で、En dehorsは「外側に」という意味です。英語でoutsideです。…

トウシューズでの立ち方は?【バレエコラム8】

トウシューズでの正しい立ち方が分からない、と質問がありました。【準備中】…

バレエで足が細くなるには?【バレエコラム7】

バレエをやっていて足が太くなってきた、というご相談があります。正しくレッスンをしていれば足が太くなることはありません。足が太くなった場合、体の使い方に…

バレエシューズはリボンが良いです【バレエコラム6】

バレエシューズはゴムだと足の甲の成長を妨げますので、ロシアのバレエ学校ではリボンが使われています。足の甲を伸ばすエクササイズがあります。…

小さなリトルバレリーナちゃんのある物語【バレエコラム5】

小さなリトルバレリーナちゃんのある物語【バレエコラム5】
ある日、他のバレエスクールでバレエを習っていたリトルバレリーナちゃんが、バレエ教室に行ったものの最初から最後まで何もしなかった事が3回続いてクビになっ…

バレエ発表会の素晴らしさ【バレエコラム4】

バレエ発表会の素晴らしさ【バレエコラム4】
バレエ発表会に出る!!という目標があればより上達します。お客様に見られると思うと普段の練習よりもより一層頑張れると思います。なかなか着る機会のない綺麗な…