美華インターナショナルバレエ
検索

美華インターナショナルバレエの特徴【バレエコラム2】

アメリカでロシア・ワガノワメゾットをはじめ、色々なチャンスを与えてくれて、人生を変えて下さった恩師です。
みなさんは人生をかえる程、素晴らしい恩師との出会いはありますか?
良き「先生」との出会いが子どもたちの人生を飛躍的に変え、豊かにします。私もその1人でした。

子供達が楽しくのびのびとレッスン出来る環境を提供し、多くの子供達にバレエを楽しく学んで頂けたらと思います。その中で自然とバレエへの愛が芽生えたならば、それは天が与えた才能であり、その才能を花咲かせるかは指導者にかかっていると思います。

生徒100人いれば、100人それぞれに目標、身体条件、性格があります。
美華インターナショナルバレエでは生徒それぞれに見合った指導を行い、時には厳しく時には優しく、生徒と一緒に喜びや悲しみを分かち合いながら、技術や表現力のみを学ぶのではなく深い価値観を学べるアットホームなスクールでありたいと思っています。

 生徒保護者の方々から
「美華先生のおかげで、娘はバレエが大好きになりました。先生との出会いに感謝です」
「保育園で唯一娘がスキップが出来、保育園の先生やお友達に褒められ自信がついたみたいです。先生のおかげです」
「お家でずっとバレエのステップをやってます。バレエが大好きみたいです」
「身体の使い方等細かく教えてくれてとてもわかりやすい」
等、感謝のお言葉を頂きました。

 

上半身を伸ばす方法【バレエコラム19】

上半身全体も伸ばすことが重要です。上体を引き上げ、腰椎に重心をかけないようにします。背中はウエストの部分をコルセットで締め、そこから体が2つに離れてい…

脚を伸ばすということは筋肉を緊張させて固めることではありません【バレエコラム18】

脚を伸ばそうとして腿の上の筋肉を固くして使いがちですが、この状態では爪先の伸びを感じなくなってしまいます。脚を外に開いた状態のまま、できる限り遠くに引…

爪先の指の関節を鍛える方法【バレエコラム17】

爪先の指の関節を鍛えるには、指に力を入れて丸めるのではなく、伸ばして使うようにします。…

子どもの脚の力をつけるには【バレエコラム16】

子どもの場合、脚を伸ばすことができてもその状態を長く保っていることができません。引っ張っている力が弱まって、すぐに力の入っていない脚になってしまいます…

体のすべての関節を最大限に引き伸ばすことが必要【バレエコラム15】

クラシックバレエでは、体のすべての関節を最大限に引き伸ばすことが必要です。脚は限りなく遠くに引っ張るような気持ちで伸ばします。自分で伸びた状態を感じな…